外壁の汚れと見積もり

久しぶりに外壁を除くとカビやら汚れやらで随分汚れていることがあります。また、ひびが入ったり、サイディングの色が変色をしていたりする場合もありますが、新築から10年以上経過すればそのような症状が出始めるのです。 そこで、住宅の外壁塗装をする必要があります。外壁塗装をするとしても、何度も塗装を依頼した人は少なく、新築住宅を購入して10年から15年目に初めて外壁を塗装するとすればほぼ始めて外壁塗装をするのではないでしょうか。 そこで、簡単に外壁塗装の流れを知っておきましょう。 まず、外壁塗装をするには自分でするという人もいますが、ペンキを乗るのと違い意外と行程が複雑ですのでできれば業者に任せておいた方がいいでしょう。

おおよその業者選びが終わったら次に、仮見積もりを出してもらいます。この時は2,3社の業者に依頼をしたらよいでしょう。業者によっても見積もり額が違うからです。この場合、やたら価格が低い業者はあまりおススメできません。どの業者も使う材料は同じである以上そこまで大きな価格差は出ないはずです。つまり、価格がべらぼうに安いということはどこかで材料費をケチって作業している可能性が高いからです。もちろん、見積もり額が安い業者がすべて手抜きをしているわけではありませんので、実際になぜそこまで安いのかを聞いてみてもいいでしょう。 仮見積もりで業者選びが出来たらいよいよ計画書を出してもらいます。その計画書で問題なければ契約、工事という流れになります。